ビジネスモデル勝ちパターン

ビジネスモデル勝ちパターン

ビジネスモデルのイノベーションの90%が既存のアイデアや概念の組み合わせです。
ビジネスモデルとは、4つの大きな柱から構成されると私たちは考えます。
顧客は誰か【Who?】、何の価値を提供するのか?【What?】、どのようにその価値を生成/提供するのか?【How?】、なぜそれが利益を生み出すのか?【Why?】の4つの軸で構成されています。

ビジネスモデルのイノベーション

多くの成功物語の背後にあるのは、夢のような新製品ではなく画期的なビジネスモデルです。
世界最大の書店となったアマゾン社(Amazon)には実店舗は1店もありません。
最大の楽曲販売会社のアップル社はCDを販売していなかったり、過去10年間に11度のアカデミー賞を受賞したピクサー社(Pixar)の映画には、ひとりの俳優も出演していない。
世界最大の喫茶店チェーンであるスターバックス社(Starbucks)で、高い料金で販売されているのは標準的なコーヒーです。
いかなるすべての場合も例外なく、すべてのビジネスモデルの根幹は顧客です。
自社の提供する製品やサービスは顧客のニーズをどのように満たすかを表現します。
そして自社のサービスをどのようにして提供するのか、必要な業務プロセスを考えます。最後になぜ自社が儲かるのか、ビジネスモデルが成立するかどうかを判断し見極めることが必要となります。

簡単に言えば、新たな価値を生み出し収益化することです。
動画サイトで有名なユーチューブはユーザーが無償で動画を視聴、アップロードできる。

この画期的なビジネスモデルにより大きな価値を生み出したものの収益化するビジネスモデルが成り立っていないためサービス開始から7年経っても事業は赤字である。
既存のビジネスモデルが収益をあげている状況において、心地よい状況からなぜ飛び出して新しいことにチャレンジしなければならないのか、それは新しいビジネスモデルを開始するタイミングが遅れて会社が危機的状況になると取締役会にリストラをしてコストの削減をする以外の選択肢がなくなってしまうからであります。企業の業績がいいときにこそ新しいビジネスモデルの改革をしなければならないということです。

新たなビジネスアイデアを作り出す

新たなビジネスアイデアを作り出すためにはこの3つの基本戦略を利用する。

転用

既存のビジネスモデルを新しい業界に適用する、ほとんどの企業がこの戦略を利用しています。
他社の事例を下書きに活用することで、事前に過去の失敗要素を取り除くなどビジネスモデルの成功率を上げことができます。

組み合わせ

2種類のビジネスを転用し、組み合わせる。両期的な企業では3種のビジネスモデルを同時利用することもあります。

再利用

自社で実績のあるビジネスモデルを他の製品に再利用する。このようなビジネスアイデアは過去の経験から相乗効果が期待できるが、変革と安定性のバランスをとるのが難しく、リスクも大きい。

ビジネスモデルパターン

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログやサイト、メルマガでアフィリエイト商品を紹介し、そこで読者や訪問者が購入することで報酬が発生するビジネスのことです。
販売者と購入者の間に入り、紹介をすることで、アフィリエイターは売上を上げます。そのため在庫はゼロでOK、仕入れ不要、紹介力さえあればゼロから売上を作れます。

オークション

オークションとは、販売目的で何らかの場に出された物品を、最も良い購入条件を提示した買い手(入札希望者)に売却するために、各々の買い手が提示できる購入条件を競わせる事です。オークションのメリットは お店で見つからないものが購入できたり、 不用品を売却できることや、安く購入できることなどがあります。

クロスセル

クロスセルは、他の商品などを併せて購入してもらうことです。 目的は、顧客当たりの売上単価の向上。 たとえば、商品の販売時や購入後のフォローアップ時に、関連商品や「この商品を買った人はこんな商品も買っています」といったレコメンドを提示したり、お客様が購入しようとしている製品だけで、お客様の問題は解決するのかどうか、最新の顧客情報に基づいて判断し、必要なら新たな製品を提案してお客様の業務の遂行をヘルプする、ということがクロスセルの基本的な考え方です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスです。 このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われたりします。

フランチャイズ

フランチャイズとは、フランチャイズに加盟する人・法人(コンビニのオーナー)が、フランチャイズ本部(セブン-イレブンの本社)から、お店の看板、確立されたサービスや商品を使う権利をもらい、その対価をフランチャイズ本部に支払うという仕組みです。
加盟者は、ブランド力・運営ノウハウ・商品力などを開店初日から活用でき、フランチャイズ本部は、チェーンの店舗数を増やすことがきます。

ビジネスモデルまとめ

世界に心を閉ざさず、他の業界から学ぶ心構えがあれば、産業革命時代の成功例が将来のビジネスの可能性を生み出すかもしれませんが、ビジネスモデルの単純な複製では奇跡は起きません。業界の常識を打ち破る多数のアイデアをあわせて新たなビジネスモデルに利用することが必要となります。

カテゴリー

人気記事

  • makaroni マカロニ
  • マカロニ公式SNS

    makaroni公式SNSをフォローして最新情報をチェック!