失敗を恐れなくなる「最強の感情」の効力

失敗を恐れなくなる「最強の感情」の効力

成功するには自信が必要だといわれる。一方で、過剰な自信は身を滅ぼすともいう。どちらが真実なのか。世の中のありとあらゆる「成功ルール」を検証した全米ベストセラー『残酷すぎる成功法則』(飛鳥新社)によると、「この矛盾は、自信を持つことのメリットのすべてを含み、デメリットは一切含まない別の感情によって解決する」という。最新の心理学が「セルフ・コンパッション」と呼ぶその感情とは

「私が悪かった」と言えるリーダーほど好かれる

私たちは前進し続け、他者を味方につけるために楽観主義と自信を必要とする。しかし、問題点を見つけて改善するには、否定的な考え方と悲観主義が必要だ。つまり、成功するには、楽観主義と悲観主義の両方が欠かせないのだ。

エリック・バーカー(著)、橘玲(監修、翻訳)、竹中てる実(翻訳)『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』(飛鳥新社)
エイブラハム・リンカーンが良い例だ。彼こそは、これまで見てきた控えめな自信の長所を体現している。彼は自分と異なる考えに対してオープンで、提案される戦略内容に精通していられるように、膨大な時間を費やして陸軍省に入る電報に目を通した(事実、リンカーンは新しいアイデアに非常に関心が高く、特許を持つ唯一人の大統領でもある)。

リンカーンは誰に対してもオープンだった。そのリーダーシップに焦点をあてた研究によると、おそらくリンカーンはアメリカ史上、最も近づきやすい大統領だった。その時間の75%以上を人と会うことに費やしたという。また、南北戦争初期に志願したすべての北軍兵士と会ったとされている。

リンカーンならきっと、ネットワークづくりは友だちづくりという考え方に共鳴しただろう。「諸君よ、もしあなたが誰かを味方につけたいなら、まずあなたが彼の誠実な友であることを納得させよ」とは本人の言だ。それでは、完全に敵対的な相手には、どのように対応したのだろうか? 「友人になることによって、私は敵を滅ぼす」。

リンカーンは謙虚だっただろうか? その通り。何のためらいもなく自分の過失を認めた。北軍総司令官、ユリシーズ・S・グラントに充てた書簡でも、率直に自分の非を認めている。
「貴殿が正しく、私が間違っていたことを、ここに個人として認めたいと存じます」

そもそも「自信をどのぐらい持てばいいか」考えるのはムダ

そもそも「自信をどのぐらい持てばいいか」考えるのはムダ

調査によれば、こうした謙虚さは報われる。弱みを示し、自分を過小評価する上司は最も人気がある。スタンフォード大学ビジネススクールのフランク・フリンによると、自分の非を認める人は、同業者から好ましいリーダーとして見られる。また、アメリカ海軍での調査では
人望のあるリーダーは、民主的で、話をきちんと聴く技能にすぐれた人物だった。乗員たちは、緊急時を除いて、上官が意思決定に際し自分たちの意見を聞いてくれることを望んでいる。
自信過剰はあなたの気分をよくし、グリット(やり抜く力)を与えてくれ、他者に強い印象を残せる。しかし反面、傲慢(ごうまん)になりやすく、人びとから疎外され、自己を改善できず、また現実を見ないためにすべてを失うかもしれない。一方、自信が不足気味なほうが、道を究めるのに必要な意欲と手段を得られ、人びとから好感を持たれる。だが、気分は沈みがちで、他者から能力を低く見られるようなシグナルを送ってしまいがちだ。

なんともすっきりしない! どうすれば人生での成功や幸せにつながるのか、はっきりした答えが見つからない。自信のレベルが高ければ人びとを強く印象づけられるが、ひんしゅくを買う。自信のレベルが低ければ好感を持たれるが、敬意は得られない。矛盾しているように思える。自信(自分の「能力」に対する自己評価)をめぐる議論がまとまらない本当の理由は、自信を自尊心(「自己」そのものへの肯定感)のレンズを通して見ることにあり、そのことは数多くの研究で指摘されている。

最新心理学が注目する「セルフ・コンパッション」

最新心理学が注目する「セルフ・コンパッション」

では、自信に代わる概念があるだろうか? 教育心理学者でテキサス大学准教授のクリスティン・ネフは、それは「自分への思いやり(セルフ・コンパッション)」だという。他人を思いやるときと同じように、自分自身への思いやりを持てば、失敗したときに、本当は成功しているんだと妄想を追う必要もなければ、改善の見込みがないと落ち込む必要もない。過大な期待を膨らませたかと思えば、目標に届かないと自分を責めるような、ヨーヨーのような浮き沈みもない。私はなんて素晴らしいんだ、と自分にうそをつく必要はない。そのかわり、うまくいかないときには、自分を許すことに心を注げばいいのだ。
セルフ・コンパッションには、自尊心のプラス面がすべて含まれるが、マイナス面は含まれない。良い気分で仕事の成果を上げられ、高慢ちきになることもなければ、自己の改善を怠ることもない。自信と異なり、自分への思いやりは妄想につながることもない。

実際、『セルフ・コンパッションと自己に関連する不快な出来事に対する反応―自己を思いやることの意義』と題する研究では、自分への思いやりのレベルが高い人は、現状認識も正確であることが明らかになった。彼らは自分自身や世界を正確に把握していたが、だからといって失敗したときに、自己を責めることもない。一方、自尊心に重きを置く人びとは、ときどき自分を欺いたり、否定的だが有益なフィードバックを退けたりする。現実を受けいれるより、自己の価値を証明することに執着するのだ。これは傲慢さやナルシシズムにつながりかねない。

統計的に調べると、自尊心とナルシシズムのあいだには確かな相関関係があったのに対し、セルフ・コンパッションとナルシシズムの相関関係はほぼゼロだった。

脳研究でも証明された「思いやり」の効力

自尊心をあおるのではなく、自然体で自己や自分の能力に満足していられたらどんなことが起こるだろう? ズバリ、人から好かれる。過剰な自信が共感性を失わせるのと対照的に、自分への思いやりを育むと、他者への思いやりも増すことが神経科学の研究によって証明されている。
機能的磁気共鳴画像法(fMRI)の画像で、自分を許している人びとの脳を調べると、他者を思いやるときに活性化するのと同じ領域が活性化していることがわかる。また、夫婦が良いパートナーかどうかの判断材料としても、自尊心よりセルフ・コンパッションのほうが優れていると評価された。

この章の前半で述べたように、自信の効果の一つは、あなたを幸せにすることだ。ところがセルフ・コンパッションも同じ効果をはたす。しかも、自信がもたらすような弊害は一切ない。調査によると、自分への思いやりは、幸福感、楽天主義、個人の主体性、他者とのつながりによる充足感と強く結びついている。さらに、不安感や抑うつ感、神経症的な完璧主義、反芻思考などの緩和とも大いに関連している。

自尊心だとうまくいかない場面でも、セルフ・コンパッションならうまくいくのはなぜだろう?

自尊心は妄想的か不確かかのどちらかで、いずれにせよ良い結果につながらないからだ。自分は素晴らしいと常に感じているために、現実から自分を切り離すか、自分の価値を証明するために無限に走り続けなければならない。いつかは自分の期待値に届かず、ひどく落ち込むことになる。また、執拗(しつよう)に自分を証明し続けるので心身が疲れ、不安で落ち着かないのは言うまでもない。

一方、自分への思いやりは、事実に目を向け、あなたが完璧でないことを受けいれる。著名な臨床心理学者、アルバート・エリスがかつて言ったように、「自尊心は、男女を問わず厄介な病である。常に条件付き」だからだ。片や、自分への思いやりがある人は、絶えず自分を証明する必要にも駆られず、また、調査によれば、「敗北者」だと感じることも少ない。

「失敗を恐れなくなる」意外なアプローチ

読者のなかにはこう考える人もいるだろう。
「いつも自分を許していたら、受け身になってしまうのではないか?」
自尊心を維持する心配がなくなったら、意欲や鋭さも失ってしまうのではないか?

しかし実際は、セルフ・コンパッションが足りない人ほど受け身になるのだ。あなたが自信満々なとき、自分の認識に合わないフィードバックは無視しがちではないだろうか? 自信がないときは問題に目を向けるが、それを克服する試練に耐えられそうにない。

ところがセルフ・コンパッションはあなたに問題を直視させ、それを解決するための手だてを実行させる。調査によると、この自分に寛容なアプローチなら、問題に取り組んだ結果落ち込むことも少ないので、問題に対してより積極的に向かうことができる。つまりセルフ・コンパッションがある人々は自分を責めないので、失敗をそれほど恐れず、ひいては先延ばしを減らし、グリットを高めることにつながる。

自分を許すことはまた、自信を保ち続けるより簡単だ。自分自身に語る手柄話を更新する必要もなく、自分の価値を証明するために毎日ドラゴンを退治する必要もない。調査によると、私たちは自分の良い評判を聞くのが好きだが(これは当然として)、実は本当のことを聞くのも好きだ。だが本当の話は自尊心と相いれないことが多いので、なおざりにされることがある。しかし自分への思いやりがある人なら、真実を聞くことも厭(いと)わないのだ。

カテゴリー

人気記事

  • makaroni マカロニ
  • マカロニ公式SNS

    makaroni公式SNSをフォローして最新情報をチェック!