成功者の多くが実践していた瞑想の科学で分かった4つの効果

成功者の多くが実践していた瞑想の科学で分かった4つの効果

メンタル面だけでなく体の健康にも効果があるとして近年注目が集まっている「瞑想」。
とはいえ、「心を無にする」なんて難しそうだし、そもそも忙しい毎日の中で瞑想をする時間はないと思っている人も多いと思います。
しかし、そんな多忙な現代人こそ試してみると、思いがけない効果が得られるというもの。
瞑想のトレーニングによってあなたの集中力は強化され、多くの時間持続することができるようになります。

多くの研究者たちも効果を証明している

ワシントン大学で行われた研究では、瞑想が生産性を向上させ、集中しやすくすることが明らかになりました。
短時間の瞑想であっても、脳の集中力にプラスの効果をもたらすようなのです。
ネガティブな感情を減らす瞑想はストレスを軽減する効果もあります。

  1. 睡眠の質が向上し、睡眠時間を短縮できる
  2. 脳が発達して記憶力が上がる
  3. 染色体が伸びて寿命も伸びる
  4. ストレス解消で前向きな性格になれる

成功者の多くが瞑想を実践

スティーブ・ジョブズが瞑想を実践していたことは有名な話です。
他にもビル・ゲイツ、イチロー、マドンナ、ビートルズ、クリント・イーストウッド、ヒラリー・クリントン、ビルフォード、リチャード・ギア、稲盛和夫、長谷部誠、長嶋茂雄など成功者の多くが瞑想を実践しています。

ビル・ゲイツ、ソニー創業者の井深大氏といった著名なビジネスリーダーも、瞑想の実践者
米国のビジネスマンの間では、ちょっとした〝瞑想ブーム〟が起きている
瞑想は心と体をできるだけ静かな状態にするもの。

瞑想の方法

呼吸

瞑想での呼吸は、ゆっくりと深く 呼吸をします。できれば20秒くらいかけて、ゆっくりと、体中から二酸化炭素をはき出します。 こうして、ゆっくり息を吐ききると、息を吸うのは自然に入ってきます。こうした、意識したゆったりとした 呼吸を続けるだけでも、体には良いエネルギー回復になります。

姿勢

瞑想をするときには、できるだけ姿勢を良くします。それは、エネルギーは背骨を添って 上下するからです。姿勢が悪いと、また、背筋を伸ばしていないと、エネルギーの流れを ブロックし、気が体と心をうまく巡りません。椅子でも座禅でも良いので、楽に長く座れる 姿勢をとりましょう。横に寝て瞑想をする方法もあるのですが、初心者の方は、ほとんど 寝てしまいますので、最初は座って瞑想をすることをお勧めします。

方法と時間

瞑想に決まった時間はありません。ただ、もし、一般的にこれくらいやると心が安まる、 という時間があるとすると、それは15分くらいが一つの目安でしょう、これは、個人差が あるので、あくまで目安とお考え下さい。朝や就寝前はそれぞれ瞑想に最適な時間ですが、 もし1日1回しかできないのならば、就寝前をお勧めします。寝る前に頭を空っぽにして、 その日にあった出来事をリセットすると、睡眠の質があがります。

まとめ

瞑想はとにかく続けることが一番大切なので、苦痛にならないよう最初は5分と短い時間からで良いので毎日続けましょう。
5分間の瞑想でもリラックス効果が得られると判明しています。
そして、週4回の20分瞑想を2ヶ月続けて行うことで集中力が向上する研究データもあります。
5分から初めて、7分、10分、15分と時間を徐々に増やしていって最終的には毎日20分以上瞑想できるようになるのが理想的。
そして瞑想をする時間帯は「朝起きてすぐ」がおすすめ。
1日がスタートで体が疲れていない朝のうちに瞑想をすると決めておけば瞑想が継続しやすくなります。

カテゴリー

人気記事

  • makaroni マカロニ
  • マカロニ公式SNS

    makaroni公式SNSをフォローして最新情報をチェック!