男性の肌荒れを防ぐメンズスキンケアの方法と化粧品ランキングまとめ

男性の肌荒れを防ぐメンズスキンケアの方法と化粧品ランキングまとめ

肌の悩みは彼女とのデート前や、大事な面接の前など、何かあるたびにどうしても気になるものです。
「うわ、肌荒れがやばい。どうしよう・・・」
「なんか脂っぽくてテカってるんだよなぁ」
「肌がめっちゃカサカサになってるんだけど?」

こう思う人も多いんじゃないかと思います。
もしかしたら、今はちょっと気になるぐらいでも、数年後には大変なことになっていたりします。
そうなる前に、きちんとスキンケアをしたいものですね。 今回は肌荒れを防ぐためのメンズスキンケアの方法とおすすめのアイテムをご紹介します!

スキンケアをしないと大変なことになる

肌が綺麗だと清潔感があります。男性こそ肌ケアは重要です!

男性は、女性と比べても肌へのダメージが結構多いとされています。
毎日の髭剃りは欠かせないものですが、その分、肌はダメージを受けています。
また、日焼けなどの対策も男性ではしていない人が多いでしょう。
しかも、元々男性は肌の水分が少ないので、肌がカラカラになってしまうことも多いです。特に冬はひどいことになります。

こんなことが続くと、だんだん肌は荒れてしまいます。
若いうちはいいかもしれませんが、少しずつ歳を重ねるごとに積み重なったダメージが肌に現れるんです。

メンズスキンケアの方法

スキンケアが大事だと話をしました。普段からやれる簡単かつ基本的なスキンケアのアイテムを紹介します。

基本的なスキンケアの流れ

基本的なスキンケアの流れは、次の3ステップです!

  1. 顔を洗って汚れを落とす
  2. 肌に水分を与える
  3. 保湿する

ただし、やりすぎても良くはありません。
やりすぎるとむしろ逆効果、基本的には、これら全てをやるのは1日1回で問題ないです。
おすすめなのは、3つともやるのは夜だけ、朝は洗顔のみというやり方!
しかも、朝は洗顔料を使わないくらいでちょうどいいです。

では、具体的なやり方を紹介していきます。

肌にやさしい、洗顔方法

洗顔は、朝晩の2回が基本です。
それぞれの洗い方を説明します。

朝の洗顔

朝の洗顔は、洗顔料を使わず水のみで洗うのがおすすめです。
ゴシゴシ洗うのではなく、優しくすすぐ感じで洗いましょう。
顔を拭くときも、綺麗なタオルを軽くあてるようにして拭きましょう。

夜の洗顔

夜の洗顔は、洗顔料を使って洗いましょう。
まずは、ぬるま湯で顔をすすぎます。
洗顔料を使うときは、必ず泡立てるようにします。
泡立てた洗顔料で、顔を優しく包み込むようにして洗うようにしましょう。
その後、泡が残らないように20回程度すすぎましょう。

デキる男のメンズアイテム

化粧水は、肌に水分を与える効果があります。
水分の少なくなっている肌には、めちゃくちゃ大切です。
化粧水は、適量を手のひら全体に伸ばして、顔を包み込むようにして使います。
手のひら全体で包みながら、軽く押し付ける感じで使いましょう。
このときにも、決してゴシゴシしてはいけません。

バルクオム(BULK HOMME) ザ フェイスウォッシュ

バルクオム(BULK HOMME) ザ フェイスウォッシュ

販売元:TSUMO・JP
価格:2,000円(+税) 内容量:100ml

バルクオムの「ザ・フェイスウォッシュ」です。
「ザ・フェイスウォッシュ」の最大の特徴は「生石けん」でメンズスキンケアブランドからリリースされている洗顔料です。

シンプルで洗練されたパッケージは、ちょっとしたプレゼントにもピッタリです。余分な皮脂を洗い流し、肌の水分を保ちながら肌荒れを防ぎます。
洗浄成分「クレイミネラルズ」配合。

マージェンス コンディショニング ウォッシュ

マージェンス コンディショニング ウォッシュ

販売元:POLA
価格:2,500円(+税) 内容量:180ml

「POLA」のマージェンスは、年齢とともに変化するメンズのニオイのお手入れをコンセプトにしたスキンケアシリーズです。
コシのある泡が出てくるプッシュタイプのボトルが採用され、手間を省くことができるので忙しい男性にもおすすめ。シェービングフォームとしても使えます。“女性が身近な男性につけてほしい香り”をイメージした、爽やかな香りです。

資生堂 メン クレンジングフォーム

資生堂 メン クレンジングフォーム

販売元:資生堂
価格:2,000円(+税) 内容量:130g

肌をさっぱりと清潔に保つ、大人のメンズのための洗顔料です。
汗や皮脂によるべたつきや、肌に不要な古い角質などもすっきり取り除きます。
洗顔後は、適度なうるおいのあるさっぱりと清潔な肌に。
きめ細かな泡立ちで、シェービングフォームとしても使うことができます。

乳液

乳液は、化粧水を使って補給した水分をしっかりと保湿する役目があります。
乳液の使い方は肌質によって変えた方がいいです。

乾燥肌

乾燥肌の人は、顔全体にしっかりと乳液をなじませるようにしましょう。
化粧水だけだと、水分が外に逃げていってしまう状態ですので、乳液でしっかりと保湿してあげます。
このとき、ゴシゴシとこすらず、優しくなじませるようにしましょう。

脂性肌

脂性肌(オイリー肌)の人は、ほとんど乳液は必要ありません。
つけなくてもいいですし、ほんの少しだけとって顔全体に薄くなじませる程度でもいいです。

ただし、一部分だけオイリーになっていて、他の部分の乾燥している場合(混合肌)の場合はそうはいきません。
その点は、次の混合肌の項目を参考にしてください。

バルクオム(BULK HOMME) ザ ローション

バルクオム(BULK HOMME) ザ ローション

販売元:TSUMO・JP
価格:3,000円(+税) 内容量:100ml

メンズ乳液の選ぶポイントでも紹介した「高い保湿効果」と「使い心地の良さ」が特徴です。
高い保湿効果がある理由は、収穫後4ヶ月経っても腐らない奇跡のリンゴ「ウトビラースパトラウバー」の幹細胞エキスが配合されていること。これにより肌細胞の働きが活性化されコラーゲンが生まれることにより、潤いが与えられます。ちなみにメンズコスメの中でウトビラースパトラウバーの幹細胞エキスを配合しているのは、バルクオムだけです。
またそれ以外にも50種類以上の自然由来の成分を配合していて、潤い成分をたっぷり入っていながらも、ベタつかずサラサラした肌触感で使用できます。

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

価格:3,990 円(税込) 内容量:100ml

面倒くさがりな男性向けに開発した、化粧水・乳液・美容液・クリームが1本で解決する、オールインワンタイプの保湿ジェルです。
体内では生成することができないロイシンやアルギニンといったアミノ酸15種類や、医療現場でも使用されているハマメリスのエキス、プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸、他にもたくさんのオーガニックエキスが含まれていて、男の肌に欠かせない成分がたっぷりと配合されています。

「男性の肌のために配合された成分」「コスパの良さ」も充実しています。
べたべたしない使用感も人気な男性専用の戦闘化粧品のひとつです。

日焼け止め

日焼けで肌がダメージを受けて、シミになることは多いです。
できるだけ優しくなじませるようにして、塗ることをおすすめします。

資生堂メン UVプロテクター(日焼け止め)

資生堂メン UVプロテクター(日焼け止め)

販売元:資生堂
価格:3,000円(+税) 内容量:50g

肌なじみが良く、サラッとしたテクスチャーの日焼け止め。
塗った後もベタつかず、白浮きしにくいのも使いやすいポイントです。
SPF30/PA++。日常使いにだけでなく、スポーツやレジャーなど、幅広いシーンでの使用におすすめです。
フローラルグリーンの爽やかな香り。

まとめ

メンズの洗顔ポイントや肌おすすめの洗顔料、特に30代以降の方に実践していただきたいお手入れなどをご紹介しましたが、いかがでしたか?
男性も肌に気をつかうべき時代になっています。専用の化粧品も多数リリースされていますので女性に負けないようにケアの知識を身につけないといけませんね。
何を重視するか、どこがポイントかなどは人によって異なります。

カテゴリー

人気記事

  • makaroni マカロニ
  • マカロニ公式SNS

    makaroni公式SNSをフォローして最新情報をチェック!