美肌になる栄養素を豊富に含むフルーツ

美肌になる栄養素を豊富に含むフルーツ

美しい肌になるためには具体的にどのような果物を積極的に摂るべきなのでしょうか。
フルーツの種類は数えきれないほどあります。その中から特に美肌効果の高い果物を紹介します。

美肌に効果的な果物

バナナ

バナナにはビタミンBビタミンCカロテンが豊富に含まれています。カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚の健康を保持する作用があります。鉄分、マグネシウム、カリウムなどのミネラルも豊富で、肌荒れの元となる便秘を改善する効果もあります。

レモン

柑橘類の中でトップクラスにビタミンCが豊富なレモンは優れた美肌・美白効果があるとされています。抗酸化作用にも優れ、老化の原因となる活性酵素の除去や、シミの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐといった効果があり、老化予防にピッタリの美容フルーツと言えます。

リンゴ

安定した価格と長期保存が可能なリンゴは、鮮やかな赤色の果皮の部分に強力な抗酸化力を持つポリフェノールが豊富に含まれており、優れたアンチエイジング効果を得ることができる万能果物です。
リンゴはビタミンCの含有量が少なく、その他のビタミン類による効果や効能も期待することは出来ませんが、ペクチンとカリウムを豊富に含んでおりますので、腸内環境を正常な状態に戻し、有害物質の体外排出を促進させる便秘解消効果と体内の塩分濃度を正常な状態に保ち、血圧を降下させる作用を得ることができます。
リンゴを摂取する際は、果皮ごとすりおろして召し上がるのがオススメです。

オレンジ

オレンジに豊富に含まれるビタミンCはコラーゲンの生成を促進するため、肌にハリを与えます。β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2なども豊富で、リン、鉄、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルも多く含み、非常にバランスの良い栄養素を持つ果物です。

キウイ

ビタミンCや食物繊維、カリウムなどを豊富に含むキウイフルーツは、たんぱく質分解酵素“アクチニジン”が含有されており、肉類と共に摂取すると消化吸収が良くなり、胃もたれを予防することができる万能フルーツのひとつです。
キウイフルーツには、コラーゲンの合成を高めたり、メラニン色素の生成を抑制させる働きを持つビタミンCやビタミンCやその他の成分と協同しあうことで末梢血管をしなやかにすることができるクエルセチンなどが含まれています。
また、キウイフルーツを摂取することで、糖尿病や肝機能障害、高血圧症、心疾患などの症状を緩和することができます。

パパイヤ

抗酸化作用の強いビタミンA、Cを多く含むパパイヤ。葉酸も多く含んでいるので貧血予防にも良い果物です。

マンゴー

ビタミンA、C、β-カロテン、葉酸が豊富に含まれています。青いうちはビタミンCの含有量が多く、よく熟すほどβ-カロテンの量が増えます。肌の老化を防ぎ、肌の角質を再生させる効果の期待できる果物です。

いちご

ビタミンCが豊富で、100g中に62mgも含まれており、7~8粒も食べれば1日の必要量を十分摂取できるほど。抗酸化作用も高く、美肌作りには最適です。

グレープフルーツ

半分食べれば1日の必要摂取量を補うことができるほど、ビタミンCを豊富に含む果物。食物繊維やカリウムの含有量も多いので、デトックス効果も期待できます。

スイカ

強力な抗酸化力を持つリコピンとβ-カロテン、体内の水分量を調整するカリウムを豊富に含みます。また、スイカの皮に豊富に含まれるシトルリンは利尿作用もあり、むくみ予防にも効果的です。

まとめ

今回は肌にとってもいい果物を10コご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
優れた美容効果を持つ果物ですが、1点気を付けなければならない点があります。
それは、ソラレンを含む果物や野菜を朝に摂取してしまうとシミやシワの原因になるということです。
ソラレンを含む主な果物は、キウイフルーツ・レモン・みかん・オレンジ・グレープフルーツ・無花果などですので、ソラレンを含む果物は、出来る限り夜に食べるようにし、リンゴ・スイカ・バナナ・ブドウ・イチゴなどのソラレンをあまり含んでいない果物を朝に摂取するように心掛けましょう。

カテゴリー

人気記事

  • makaroni マカロニ
  • マカロニ公式SNS

    makaroni公式SNSをフォローして最新情報をチェック!