バスタイムが決め手♡「美ボディ」をキープする方法

バスタイムが決め手♡「美ボディ」をキープする方法

お風呂に入るということは一日の疲れた心と身体をリフレッシュさせるためにとても大切な時間です。身体は一度温まってから冷えることで眠気を誘う仕組みになっています。
そのため、夜にお風呂に入ることで質の良い睡眠を確保できます。今回はバスタイムにできる美ボディをキープする方法をご紹介したいと思います。

温かいお湯に浸かる

温かいお湯に浸かる

夜しっかりお風呂にはいることでしっかりと胃腸が消化活動をしてくれますから朝の胃のもたれ等もすくなくなります。
お風呂で疲れを癒やすには湯温は38度前後にしましょう。

熱い湯で温まりたいかもしれないですが、40度以上では交感神経が活性化されて、目が覚めます。朝のシャワーにはいいですが、夜には不向きです。

入浴しながらエクササイズ

入浴しながらエクササイズ

湯船の中で温まってから全身をマッサージするのも、美ボディをキープするのに効果的です。お風呂上がりに軽く水気をとってから、オイルスリミング剤をボディに塗ってマッサージしましょう。

なお、マッサージは心臓に近い部分から心臓に向かって行うのが良いとされています。
老廃物を排出したり、セルライトを除去するイメージで、指の腹を使って少し強めにマッサージするのがオススメです。

湯船に浸かっている時間に本を読むのも瞑想するのもいいのですが、美ボディをキープしたいなら、エクササイズを行うのがオススメです。ウエストをひねったり、水の入ったペットボトルを持ち込んで二の腕を鍛えてみてはいかがでしょうか。

顔と髪の毛にたっぷり保湿

顔と髪の毛にたっぷり保湿

安いクリームを顔にベッタリ塗り塗り。トリートメントも頭皮に付かないよう気をつけながらも髪にたっぷり。
高価なものを使う必要はありません。お風呂で柔らかくなったお肌とスチーム効果で2倍にも3倍にもクリームとトリートメントの浸透率がアップします。
「半身浴ってダイエットや美容に良いとはわかるけど、何をしたらいいのかわからない…」という女性が多い中、美人たちはすべてをお風呂に持ち込んで作業していました。

口の中にもシャワーをあてて内側から代謝アップ

口の中にもシャワーをあてて内側から代謝アップ

シャワーを口の中にもあてれば体の内側からも温まり顔色がバラ色になります。
1.まずは首の後ろにお湯をあてて巡りのモーターエンジンをかける。
2.チリチリするくらいの水圧で、口の中にシャワーをしっかりあてて温める。

歯に良い!代謝に良い!お風呂で歯磨き

歯に良い!代謝に良い!お風呂で歯磨き

体が温まると体液(血液やリンパ液など)の流れがよくなり、代謝が上がります。唾液の分泌もよくなって、若返りホルモンと呼ばれるパロチンの分泌が促されます。
パロチンは若返りホルモンとも呼ばれ、全身の細胞の代謝をよくするので、歯や骨を丈夫にして、髪や肌を美しくしながら痩せていく効果も期待できます。

まとめ

まとめ

お風呂に入るということは一日の疲れた心と身体をリフレッシュさせるためにとても大切な時間です。
質の良い睡眠を確保でき、どれも今日からできるような簡単なものばかりです。バスタイムで美ボディをキープして毎日の週間にしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

人気記事

  • makaroni マカロニ
  • マカロニ公式SNS

    makaroni公式SNSをフォローして最新情報をチェック!