なりたい自分が"きっと"見つかる美容メディア

2019年7月12日公開の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』。劇場版シリーズの1作目であり、原点・最高峰と高く評価されている「ミュウツーの逆襲」がタイトルに選ばれたのは何故か。考察を交えつつ、声優・キャラなど本作の最新情報を紹介します。

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

第1作から最新映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』に引き継がれたものとは?

1998年に公開された、シリーズ初の映画作品『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』が2019年に『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』としてリ生まれ変わります。

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

これまで21作のポケモン映画が公開されてきましたが、初のリメイク作品に選ばれたのが伝説的な1作目でした。何故、「ミュウツーの逆襲」なのか。そのわけを考察しながら、『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』について紹介します。

「ミュウツーの逆襲」のあらすじ

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

とある科学者が、幻のポケモン・ミュウのまつげの化石を入手。彼はその化石の成分を元に、最強のポケモンを生み出そうとします。そしてミュウのコピーポケモン、ミュウツーが誕生。しかし、ミュウツーは「自分が何者か」、「何故生まれてきたのか」わからず、自問し続けてしまいます。

そして、最終的に自分を勝手に生み出した人類に対して憎悪の念が募り、彼らに逆襲を誓うのです。

そんなある日、サトシたちの元に届いた一枚の招待状。それは最強のポケモントレーナーが、有望なトレーナーたちを招くパーティーへの招待でした。開催地であるポケモン城に嵐の中、たどり着いたサトシたちと他のトレーナーたち。彼らを待ち受けていたのは……。

なぜシリーズ初のリメイク作に選ばれた?神作である理由

哲学的で深みのあるテーマ性

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

©️WARNER BROS./NINTENDO

さて、なぜ「ミュウツーの逆襲」が、初のリメイク作に選ばれたのか。それは本作が“原点にして最高峰”と言われる作品だからではないでしょうか。そしてその所以となっているのは深みのあるテーマ性です。

本作では、クローン(コピー)として生まれたミュウツーの悲しい背景や、他のコピーポケモンとオリジナルポケモンの戦いなどが描かれています。それぞれが、「本物はどちらか」という動機でお互いが倒れるまでバトルをする姿には思わず涙が出てしまいます。どちらも、今を生きる生き物である。そんなメッセージを描いた本作は、劇場版1作目にして深みのある作品となったのです。

日本はもちろん、世界で記録した圧倒的興行収入

本作は制作費3.5億円なのに対し、国内の観客動員数は650万人、興行収入は76億円と大ヒットを記録しました。そしてこの興行収入を上回る他のシリーズ作品は、2019年現在まで登場していません。

さらに、ポケモンといえば海外でも熱狂的なファンがいる作品。国内だけでなく、アメリカでも記録的なヒットをしています。現地では『Pokémon: The First Movie』というタイトルで、(その後のシリーズも2や3というタイトルが続く)全米約3000館の映画館で公開されました。

興行収入は8000万ドルを記録し、初日だけ(1010万ドル)で見てもアメリカにおける日本映画興行収入の中でのヒット作『Shall we ダンス?』(950万ドル)を更新。加えて、「ミュウツーの逆襲」は日本映画初の週間興行ランキング初登場一位という偉業も達成しているのです。これらの人気ぶりを加味すると、やはり最初のリメイク作に「ミュウツーの逆襲」がふさわしいのが理解できます。

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何が進化したのか?

3DCGとして生まれ変わる

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

さて、リメイク版はオリジナル版と同じストーリーやキャラクター設定が引き継がれることが明らかになっています。予告編からは、ミュウツーとの戦いの舞台となるポケモン城や研究室などの建築物デザインも同じであること、さらに城に集まる他のトレーナーも同じであることがわかっています。

オリジナル同様、街のジョーイさんが誘拐されている様子も確認でき、本作はかなり忠実に再現されているのです!その中でも変化するのは、ヴィジュアル。初代アニメの作画で描かれた2D作品でした。

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

しかし、『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』では立体的な3DCGで前編描かれることがわかっています。それに伴って、キャラクターデザインも丸みを帯びたものになっています。人間の目が少し縦長でシャープだった1999年当時のアニメ版に比べ、本作はより大きくて丸いデフォルメスタイルに変化しているのです。

主題歌とミュウツーの声優は一作目と同じ

本作の主題歌は、オリジナル版と同じ『風といっしょに』です。「EVOLUTION」の『風といっしょに』は、オリジナルを歌った小林幸子と共に、何作にも渡ってポケモン映画で声優を務める歌手の中川翔子がコラボ歌唱。

さらに、オリジナル版からのアレンジを東京事変などのバンドで知られる亀田誠治が手がけます。そしてミュウツーの声優も、オリジナル版と同じ俳優の市村正親が担当するという点を見逃せません。

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

オリジナル版はミュウツーの自問自答を含め、語りが作品の中で印象的でした。そういう意味でも、声は重要です。このように全てが作り変えられるのではなく、オリジナルで大切にしていたものを全て引き継いでいる点もリメイク版の良いところではないでしょうか。

主要キャラクター&声優陣を紹介

サトシ/松本梨香

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

シリーズの主人公。ポケモンマスターになることを夢見る、10歳のポケモントレーナーです。仲間のトレーナー、カスミとタケシと共に旅を続けており、本作ではポケモン同士の戦いに巻き込まれてしまいます。トレーナーのポケモンを奪うミュウツーに対して、憤りを感じ、愛する相棒のピカチュウを救うために体をはって戦います。

ピカチュウ/大谷育江

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

サトシの相棒のポケモン。元々は生意気な性格で、モンスターボールに入りたくないことが理由でサトシに反抗していました。今やサトシの一番の友達として、本作でも活躍。人間とポケモンが共存すること、トレーナーに飼われているポケモンを「弱い」と批判するミュウツーに対して反論する場面もあります。

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

オリジナル版のピカチュウとコピー版ピカチュウの戦うシーンは、思わず涙が流れてしまうほど悲しい場面でした。

ミュウツー/市村正親

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

本作のヴィランとなるポケモン。しかし、シリーズを通してはアンチヒーロー的な立ち位置となっています。ロケット団に所属する科学者の私欲によって、生み出された人造ポケモン。基となったミュウより強く作られており、強力なテレパシー能力を持っているため人間とコミュニケーションを取ることができます。

基本的に人間を憎んでおり、人間に従うポケモンも排除しようと考えます。

ナレーション/石塚運昇

2018年にこの世を去ってしまった、オーキド博士の声優で知られる石塚運昇も本作への出演が決定しています。彼はこれまでの劇場版21作品全てのナレーションを担当。「EVOLUTION」は事前に収録していたのか、オリジナル版「ミュウツーの逆襲」の音声を使うのかは未だ不明となっています。

2019ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』の公開日は?

2019新作ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は何を引き継ぎ、どう進化を遂げた?

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku   (C)Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

そんな『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は、2019年7月12日(金)に全国ロードショー予定。オリジナル版に登場した数々の“泣き名場面”が登場することを期待して、公開を待ちたいと思います。

最新の関連記事

あわせて読みたい

人気記事ランキング

おすすめ記事

新着記事

検索上昇キーワード

  • makaroni[マカロニ]| なりたい自分がきっと見つかる美容メディア
  • makaroni[マカロニ]公式SNS

    makaroni[マカロニ]公式SNSをフォローして最新情報をチェック!