スキンケア 美肌 化粧水 筋トレ 洗顔 毛穴 シャンプー ライフスタイル 旅行 入浴剤

「5年以内に世界経済は大不況に陥るだろう――」。そう言い切るのは世界三大投資家のひとりと称され、大の親日家でもあるジム・ロジャーズさん。そんな時代でも、一生お金に困らないようになるために、日本の女性たちはどのようなマネー術を身につければよいのか――。話を聞いた。

5年後の大不況に勝つ「明るい投資先」3つ

おすすめの投資先は……

よく、良い投資先を見つけるにはどうしたらいいかという質問を受けますが、自分が大好きな分野で、詳しく語れる「なにか」が見つかるまでは、なにもしないほうがいいです。著名なアナリストが勧めるからといって、その会社や業界のことをよく知らないまま投資を始めてはいけません。

たとえば、あなたはファッションが大好きで、豊富な知識を持っているとしましょう。日頃からアンテナを張っているので、まったく興味のない私よりもずっと早く、あなたはファッション業界の変化に気づくことができますね。そういう「なにか」を見つけたら、次は投資家と同じ発想ができるようになってください。新しい流れをつくっているのは誰か、その会社の資金は潤沢か、競争相手はいるか、といったことをリサーチするのです。よく調べて納得したら、その会社の株を買ってください。自分の知識に基づいて始めたことならば、たとえ失敗しても、対処法を見つけることができます。

人と違うことをしなければ儲けられない

私も試行錯誤を繰り返し、失敗から多くを学んで、自分の判断に自信がもてるようになりました。私の信条は「人と違うことをする」ですが、そもそも「クレイジー」じゃないと、お金儲けなんてできません。ビル・ゲイツがハーバード大を中退したとき、誰もが「クレイジーだ」と思ったでしょうが、彼は素晴らしい成功を収めた。

私はかつてアフリカ大陸をバイクで旅したとき、ボツワナで「この国は違う」と感じました。道路もホテルも店もある。闇市もなく、通貨の価値が安定している。急いで証券取引所を探して、上場している全銘柄の株を買いました。2013年には、北朝鮮の北端にある港町へ足を運びました。ロシアと中国がここに投資していると聞いたからです。自分の目で見て大きな可能性を感じたので、「これからは北朝鮮が熱い」と言い始めました。4年前、日本の女性記者に「荒唐無稽。記事にできない!」と一笑に付されましたけどね。

政府の新しい方針にも注目すべし

もっと身近な例をあげましょう。例えば、投資家は災害のニュースを観て「なんて悲惨な光景なんだ」と思うだけではなく、「復興で儲かる人は誰だろう?」と考える。実際、私は東日本大震災のあと、日本株を買いました。人々が苦しんでいるのに金儲けを考えるなんて不謹慎だと思うのは、間違いです。被災地はお金が必要で、投資を切望しているんです。現在混沌に陥っているベネズエラにも大きな可能性を感じますが、残念ながらアメリカ人は投資できません。

政府が新たな方針を打ち出すときも、大きなチャンスです。たとえば、深刻な大気汚染に悩む中国は、国をあげて環境の美化に取り組んでいます。こうして政府が積極的になにかを推進するとき、必ず得をする人がいる。それが誰なのかを調べて、投資するのです。

外貨を持つなら自分が詳しい国を選んで

海外に資産を持つこともぜひ考えるべきです。外貨の取り扱いを心得ていて、その国のことを理解しているならば、大きく稼ぐことも可能です。私は現在、米ドルを中心に保有していますが、中国人民元やロシアルーブル、スイスフラン、シンガポールドルや香港ドルも持っています。でも、単に私の真似をしてこれらの通貨を買ってはいけません。明日になったら、私も心変わりをしているかもしれませんよ。海外に資産を持つことは、チャンスにつながりますし、資産を守る保険のような意味合いもあります。ただし、あくまでも自分がよく知っている国にしてください。

5年以内に世界経済は未曽有の不況に陥る

5年後の大不況に勝つ「明るい投資先」3つ

正直なところ、世界経済は終わりに近づいています。その前にもう一度、良い感じで上向くかもしれませんが。欧州、南米、アフリカの一部やオーストラリアの株価は、すでに頭打ちになっており、シンガポールや中国も同様です。世界経済は5年以内に、未曽有の不況に陥ると思っています。2008年のリーマンショックの時点で、すでに世界の国々は借金を大量に抱えていましたが、その後も借金は膨らむ一方です。米国の中央銀行であるFRBは、たった11年で500パーセント以上も(借金を増やして)バランスシートを拡大させている。

そんななかでも、明るい投資先はあります。仮想通貨はやがて価値がなくなると予想していますが、ブロックチェーンはとても有望です。AIとともに、世の中を変えていくでしょう。農業は、世界のどこでも有望です。アジアの観光業もいいですね。パスポートの取得が簡単になって、多くの中国人が海外旅行を楽しむようになり、特に日本などの近隣諸国が人気です。

日本は、外国人に対してもっとオープンになったほうがいいですね。いまだに、海外で発行されたクレジットカードを使えないところがあるんですから。すべてがハイクオリティで食べ物がおいしいので、公用語が中国語なら住みたいくらい日本が好きです。でも、やがてやってくる中国のさらなる台頭を考えて、娘たちが将来困らないようにしてあげたいので、今は中国語の環境に身を置くことが最優先なんです。

インタビュー、構成=原賀 真紀子  撮影=澁谷高晴

  • 『お金の流れで読む 日本と世界の未来』(PHP新書) 投資家 ジム・ロジャーズ
  • 『お金の流れで読む 日本と世界の未来』(PHP新書)

    投資家 ジム・ロジャーズ

    993円(税込)

    楽天で詳細を見る

人気記事ランキング

おすすめ記事

新着記事

検索上昇キーワード

公式SNSをフォローして最新情報をチェック!

最新の関連記事

あわせて読みたい