おすすめ情報メディア

かたくななまでに自分の非を認めない人というのがいます。何か責任を問われることが起こっても、誰か人のせいにしたり環境のせいにしたりします。
自分に非があることを素直に認められないのはどうしてなのか、その心理にはこんなことが隠されているようです。

自分の非を認めない人に共通する5つのこと

1.指摘されるのが嫌い

自分の非を認めない人に共通する5つのこと

自分が悪かったということを認めたがらない人は、問題の指摘を非難されていると捉えているのかもしれません。そのため、感情的になってらちがあかなくなることも。

改めなければいけないことがあるときは、冷静に客観的事実で語りかけるように注意しましょう。または、しばらく時間が立ってお互いに冷静に考えられるようになってから議論するというのも一つの手です。

2.他人に責任転嫁する

環境や運のせいにする人はまだしも、他人のせいにする人がいます。もし話し合いの場も持てず、あてつけのような態度が強いようであればあまり近づかないほうが賢明かも知れません。

3.防衛本能が強い

自分の非を認めない人に共通する5つのこと

私は悪くない!と言う人は、自己防衛本能がとても強い人です。人には誰でも他人の攻撃から自分を守ろうとする本能があります。自分が責められるという危機感を抱いたときには、無意識のうちに他人を責めることで自分を助けようとするのです。

反対に、自分を責めてしまう人もいるもの。どちらにせよ、急かしたり攻撃的にならずに、十分な時間を設けて事実だけで話し合うといいかもしれません。

4.本当は罪悪感を感じている

素直に非を認められない人というのは、実は罪悪感を感じているもの。自分が悪かったとは分かっているのですが、素直になれないだけなのかも。その心情を理解し、相手が冷静に自分の間違いを認められるまで待つことも大切かもしれません。

5.プライドが高い

自分の非を認めない人に共通する5つのこと

自分の中に高い理想を掲げている人は、初歩的なミスを犯すと、その事実を他人から指摘された時に素直に認められないこともあります。なぜなら、理由なんて明白にわかっているようなただの凡ミスだからです。

そのため、指摘が正しかったとしても「言われなくてもわかってる」と思ってしまい反発する心情が生まれてしまうのでは?

誰でも自分の非はなかなか認められないもの
自分の誤りを素直に認めることは、誰にとっても簡単ではありません。自分の弱さをさらけ出すことになるからです。できない人間だと思われたくないというのは、誰だって持っている感情ですよね。

人気記事ランキング

おすすめ記事

新着記事

検索上昇キーワード

公式SNSをフォローして最新情報をチェック!

最新の関連記事

あわせて読みたい